登出 | 中国語 | ENGLISH
2相.8HYシリーズ
基本パラメータ  トルクベンチマーキング  トルク曲線  機械サイズ  業界での応用
カスタマイズ  技術サポートと研修  ダウンロード
基本パラメータ
2 Phase, nema 8 high torque stepper motor
MOONS' の大トルク2相ステッピングモータである8HYシリーズは現在市場において量産を実現した、フレームサイズ が最も小さいハイブリッド式ステッピングモータである。主な強み:
►体積がより小さいフレームサイズが20mm×20mmのみで、取り付けスペースは選ばない。
►トルクがより大きい体積が近い永久磁石型ステッピングモータに比べて、NEMA 8 ハイブリッド式ステッピングモータのトルクは大きく高まった。
►精度がより高い
体積が同じである場合、NEMA 8 ハイブリッド式ステッピングモータは永久磁石型ステッピングモータに比べて、制御精度がより高く、ポータブル医療機器、工業機器、マイクロロボット、ビデオ会議システム、プリンター、バルブ制御など分野で広範的に使用されている。
■技術パラメータ
項目 仕様 項目 仕様
相数 2 アキシアル荷重 6N (1.3 Lbs.) 推力
25N (5.6 Lbs.) 引張力
ステップ数/回転 200
ステップ角 1.8° ラジアル荷重 18N (4 Lbs.) 作用点はアクスルの最上部にある
ステップ角精度 ±5% 運転温度 -20℃~50℃
IP レベル IP 40 絶縁レベル B,130℃
認証 RoHS 絶縁抵抗 100 MegOhms
■ 品番の見方
 
■ 8HY–4線複極性
モータの長さ
モータの型式
モータのインタフェース
定格電流
静トルク
巻線パラメータ
位置決めトルク
ロータの慣性量
モータの重量
抵抗
インダクタンス
シングルアクスル
P:プラグ
L:リード
Amps
Nm
Typ.
oz-in
Typ.
Ω±10%
@20℃
mH
Typ.
mN•m
oz-in
g.cm²
oz-in²
kg
Lbs.
29.5mm
(1.16in.)

^
^
8HY0007N
8HY0008N
8HY0009N
P
P
P
0.2
0.4
0.6
0.02
0.02
0.02
3
3
3
54
13.9
6.1
10.7
3
1.31
1.7
0.24
2.7
0.015
0.065
0.14
47mm
(1.85in.)

^
^
^
8HY4044N
8HY4045N
8HY4046N
8HY4047N
P
P
P
P
0.2
0.4
0.6
0.8
0.04
0.04
0.04
0.04
5
6
6
6
61
17.4
8
4.4
19
5.9
2.7
1.54
2
0.28
4.2
0.023
0.09
0.2
備考:“^”は推奨の型式である

トルクベンチマーキング

備考:データは2016-07-15日まで、各企業のオフィシャルサイトによるものである。

トルク曲線
8HY0N-Bipolar

8HY4N-Bipolar

機械サイズ
■モータのサイズ:mm(in)
■セットにされたハーネス(単独で注文する必要がある)のサイズ:mm(in)
4線部品番号:4634 1402 03659

業界での応用
MOONS' のステッピングモータは各種の設備に広範的に使用され、運動制御の機能をしている。その中:
• AO。プリンター、スキャナー、複写機、複合機など
• 舞台照明。照明方向制御、ピント合わせ、色変換と光点の調整、照明の特殊効果など
• 銀行分野。ATM、手形印刷、銀行カード製造、紙幣計数機など
• 医療分野。CTスキャナー、血液アナライザー、生化学分析装置など
• 工業。繊維機械、包装機械、ロボット、輸送、組立ライン、ラベリング装置など
• 通信。信号調整、モバイルアンテナポジショニングなど
• 保安。監視カメラの運動制御
• 自動車。油弁/ガス弁制御、ステアリング連動ヘッドライトシステムなど

カスタマイズ

MOONS'では、長年にわたりハイブリッド式ステッピングモータ分野で培ってきた設計・開発、生産及び販売のノウハウと経験を生かし、豊富なモータカスタマイズサービスを提供しているため、特別な要望があっても、相応しいソリューションは必ずある。
 出轴形式定制
Shaft Options
联轴器&线束定制
Connectors & Wiring 
 绕组参数定制
Custom Windings

技術サポートと研修

■モータの配線図 

■速度–トルク曲線
速度–トルク曲線はステッピングモータの出力特性を表す重要な形式である。
動作周波数 ある点にあるモータの回転数。
n = q * Hz /(360 * D)
n:回転/秒
Hz:周波数
D:駆動回路細分値
q:ステップ角
自起動領域 ステッピングモータが直接起動・停止できる領域
連続運転領域 この領域で、モータは直接起動・停止できない。この領域で運転するためには、自起動領域を経てから、加速を通じて当該動作領域に達する必要がある。同様に、脱調の原因になるため、モータは当該領域で直接ブレーキすることもできず、まず減速することで自起動領域に戻してからブレーキしなければならない。
最高起動周波数 空運転の場合、励磁モータが脱調せずに直接起動する最大のパルス周波数。
最高運転周波数 空運転の場合、励磁モータが脱調せずに運転する最大のパルス周波数。
起動トルク/引き入れトルク 励磁モータがある固定周波数で、脱調せずに起動し、同期運転することができる最大のトルク。
運転トルク/引き出しトルク 規定された駆動条件及び決められたパルス周波数で、脱調せずに駆動モータのシャフトにかけることができる最大のトルク。

ダウンロード

モータの型式
ステッピングモータのカタログ
2D 図面
3D モデル
8HY0
8HY4