登出 | 中国語 | ENGLISH
トルク増強ハイブリッドステッピングモータ
トルク増強混合型ステッピングモータ  |  トルク増強技術の説明
トルク増強ハイブリッド式ステッピングモータは最も優れた性能と最大の輸出トルクを実現した。新しい磁気回路設計を採用し、特殊な材料と生産プロセスでモータの性能を最大限に向上させた。出力トルクは標準モータより25~40%向上した。お客様に適用されるドライバの出力がすでに限界になり、高めることができない。または設計スペースが限られ、サイズのより大きいモータを使用できないが、より大きい出力トルクが求められる場合である。
トルク増強混合型ステッピングモータ
トルク増強型2相ステッピングモータ.PL23HS シリーズ   トルク増強型2相ステッピングモータ. PL34HD シリーズ
ステップ角:1.8°
NEMA23,56x 56mm
トルクが非常に大きい
効率が高い
信頼性が高い
もっと見る
 
ステップ角:1.8°
NEMA34,85x 85mm
トルクが非常に大きい
効率が高い
信頼性が高い
もっと見る

トルク増強型3相ステッピングモータ. PL24HC シリーズ
   
ステップ角:1.2°
NEMA24,60x 60mm
トルクが非常に大きい
効率が高い
信頼性が高い
もっと見る
 
 
 

トルク増強技術の説明
MOONS’のトルク増強技術はモータの出力トルクを全速度範囲内で25%~40%向上させることができる。このトルク増強技術はモータの効率を高めることで実現したもので、入力駆動電圧もしくは入力電流を高める必要がない。
典型的な応用の紹介:
設備の更新: 
既存設備のモータを直接にトルク増強型モータに取り替えることによって、短期間に設備の性能を向上させることができ、こうして設備が更新される。モータの外見・サイズ、駆動条件及びモータとセットにする機械構造部品は変わらないため、下記のメリットがある。
• 新製品を快速に開発できる
• 工学的開発のコストを削減できる
• 量産が簡単にできる
• スペアパーツの在庫を削減できる
既存設備の非常停止を解決できる
設備の偶発的な非常停止は、低温、ほこり又はお客様の不当使用など、予想もできない現場使用条件によるものが多い。こんな場合、トルク増強型モータは快速かつ効果的なソリューションである。
新しい提案で、ドライバ又は電源の制限を超えることができる
大きい駆動電流又は高い電圧の電源を使用することで、モータの輸出トルクをより大きくすることができる。しかし、大きい電流を出力できるドライバのほとんどは価格が高い。また、費用が高いだけでなく、安全面からも許可を得られないため、駆動電圧を高めることも現実的ではない。従って、トルク増強型モータが最も効果的で、適切なソリューションである。