登出 | 中国語 | ENGLISH
耐腐食性ハイブリッドステッピングモータ
概要  |  製品特徴  |  実験による検証

屋外応用のパーフェクトなソリューション
——MOONS'が新しい錆止めモータの設計を提案する


• 内部から外部までの錆止め塗装による保護

• 超長時間の塩水噴霧試験を簡単にクリア

• 各サイズのハイブリッド式ステッピングモータに適用。

概要
  近年、経済成長が速く、科学技術が進歩している中、モータの市場ニーズが増え、工業の発展に伴い、制御類モータの市場シェアも高くなっている。ステッピングモータは制御類モータとして、操作が簡単で、コストが低く、デジタル化制御が便利であるというメリットがあり、より広い分野で応用されるようになっている。
  高湿度、大温度差、高pH、高塩度など、一部の屋外環境(飛行機、船舶、自動車、アンテナ、太陽光設備など)が過酷なため、使用現場の装置本体の表面に広範囲の剥がれ、酷い錆腐食が時々発生し、使用年数の短縮につながり、大きな経済損失をもたらしている。そのため、モータの耐腐食性の保証、見かけ品質の管理はより多くのメーカーに重視されるようになっている。

製品特徴
■ 一般理念
 実際に、一部の場合では、「密閉」するだけでは「耐腐食性」の効果がない。
 モータは運転において、「発熱⇔冷却」の過程を繰り返している。密閉型モータの内部は真空ポンプのような構造となっており、エアの吸い込み(冷却の過程)と排出(発熱の過程)を繰り返している。この過程において、温度差が生じ、密閉により通気が悪いため、空気中の水分がモータの内部で結露し、錆腐食が発生し、モータが故障する原因となっている。
 
■ MOONS’ハイブリッド式ステッピングモータの耐腐食性ソリューション
  これについて、業界では、信頼的で成熟したソリューションが未だにない。MOONS’は研究開発に注力し、全天候の過酷環境に対応できるモータの耐腐食性ソリューションを開発した。

  MOONS’は系統的な耐腐食性ソリューションを開発し、モータのギアまで整備を整え,独特な技術を生かして部品1つひとつを効果的に守り、本当の意味での「全天候耐腐食性」を実現した。MOONS’はロータ及びステータなどの表面に保護塗装という特殊処理を施すことによって、機器が長時間に運転していなくても、腐食や錆を効果的に止めることができる。現在、そのような特殊技術が用いられているMOONS’のモータはすでにレーダ制御システムの一部として、海軍の巡洋艦と飛行機で使用されている。

■ 本提案はMOONS'のすべてのステッピングモータシリーズに適用される。

実験による検証
■ 試験基準:MIL規格MIL-STD-202G 塩水噴霧試験
■ 試験条件:
項目 基準 設定値
温度  35℃±3℃  35℃±1℃
NaCl濃度  5%±1%  5%±1%
溶液pH値  6.5—7.2   6.5—7.2
ノズル圧力  12—18 lbs.  18 lbs.
噴霧密度  0.5-3ml/hr/80cm2   1-2ml/hr/80cm2
■ 試験結果:
従来のモータ

MOONS'防腐食モータ

従来のモータ:96時間の塩水噴霧試験後、内部にひどい腐食が発生し、ロータが働かなくなり、モータが運転できなくなった。 Bレベル(48時間)基準に適合している。 Moons’耐腐食性モータ:240時間の塩水噴霧試験後、モータは正常に機能している。 Dレベル(240時間)基準に適合している。

備考: 
  Aレベル:96時間で異常がないこと。Bレベル:48時間で異常がないこと。Cレベル:24時間で異常がないこと。Dレベル:240時間で異常がないこと。