登出 | 中国語 | ENGLISH
ステッピングモータ

   ステッピングモータは電気パルス信号を角変位又は線形変位に転換する開ループ制御素子である。モータコイルに印加される電気パルスの順序、周波数と数量を制御することによって、ステッピングモータの回転方向、速度及び回転角度を制御することができる。直線運動アクチュエータ又はギアボックスを合わせて使用することで、より複雑で、精密な直線運動の制御ができる。
   MOONS'では、長年にわたりステッピングモータ分野で培ってきた設計・開発、生産及び販売のノウハウと経験を生かし、豊富なステッピングモータシリーズを提供し、相数及びステップ角の異なる製品を選ぶことができる。各モータはそれぞれの独特な強みと特徴があり、お客様の要望及び異なる応用に対応することができる。
HB Motor製品ラインナップ

ロータリーステッピングモータ
相数
ステップ角
特徴
フレームサイズ
mm
静トルク
mN•m
型式
2
1.8°
市場で最も利用されており、需要量が最も多いハイブリッド式ステッピングモータは多くの分野で利用されており、トルク、速度及び精度により選ぶことができる。セットで使用される2相ドライバはよく見られ、価格が安い。
□20
20~40
□28
60~170
□35
100~400
□39
70~270
□42
160~885
□56
820~3200
□56
2200~3400
□60
1230~3300
□86
3700~11900
□86
4700~15000
□110
12100~32000
0.9°
ステップ角が1.8°ステッピングモータの半分に過ぎないため、0.9°ステッピングモータは識別率がより高く、運転もよりスムーズである。
Φ36
44~120
□35
85~320
□42
190~550
□56
590~2400
3
1.2°
トルク変動が小さく、運転がよりスムーズであることは3相モータならではの強みである。3相モータドライバは2相モータドライバと異なっている。
Φ44
360~460
□60
720~1700
□60
870~2300
□86
2700~6850

リニアステッピングモータ
  ハイブリッドリニアステッピングモータはハイブリッドモータを動力源として、独自の特許を利用し、ねじ伝動アセンブリとモータロータを接合させ、モータの回転運動を直線運動に転換する。
もっと見る
LX08HYシリーズ LX11HS シリーズ LX14HSシリーズ LX17HDシリーズ ►LX23HS シリーズ

標準ハイブリッドステッピングモータ   トルク増強ハイブリッドステッピングモータ
2相1.8°ハイブリッド式ステッピングモータは市場で最も利用されており、製品の型番が最も多い。一連の最適化と改良操作を経て、製品の性能と価値は大幅に向上した。
もっと見る
 
新しい磁気回路設計を採用し、特殊な材料と生産プロセスでモータのトルク性能を最大限に向上させた。
もっと見る

 
高精度ハイブリッドステッピングモータ
 
 超スムーズハイブリッドステッピングモータ
非常に高い精度で0.9°の小幅なステップ角で運動することができ、微分ステッピングドライバとセットで使用すれば、超微細な細分ステップ角を実現することができる。
もっと見る
 
トルクの変動が小さく、運転がスムーズで、静かでスムーズな運転が求められる場合に最適である。射出成形型モータの室外環境耐性がより良い。
もっと見る

 
耐腐食性ハイブリッドステッピングモータ
 
 IP65ハイブリッドステッピングモータ
表面に保護塗装という特殊処理を施すことによって、腐食・錆を防ぐことができる。
もっと見る
 
防護レベルがIP65に達し、ほこりが多く、湿気が強い環境においてもスムーズに運転することができる。
もっと見る

 
高圧ハイブリッドステッピングモータ
   
ステッピングモータの高速特性のより大きい出力トルクを求めている設備に対応するため、高電圧ドライバとセットにして使用することができる。
もっと見る
 
 
 

MOONS’ステッピングモータの強み

MOONS’の新しいステッピングモータは一連の最適化、改良を経て、性能と価値が大きく向上した。
•最適化、改良を経て、モータのトルクは平均で20%以上上昇した
•フレームサイズがSize17以上の2相モータはすべてUL認証を取得した
•フレームサイズのシリーズが充実している:8,11,14,17,23,24,34
•2相モータ(0.9°)と3相モータの運転がより静かでスムーズ
•トルク増強型技術:モータが全速度範囲内に最高の効率と性能を実現した
•低慣性量の設計でより高い加速度を実現した
•高圧絶縁の設計で高圧・高エネルギーのドライバにより相応しい
•低損失の設計でモータの高速性能を効果的に向上させた
•合理的かつ有効なフィルファクタの設計で低速出力トルクを向上させた
•新しい命名システムがさらにはっきりし、より多くの巻線情報と標準オプション情報が含まれている

 
1:ステータシリーズコード
    M——標準モータ
    P——トルク増強型モータ
2:ロータコード
    S——標準慣性量ロータ  Size 8,11,14,16,17,24
    L——低慣性量ロータ   Size 23,24,34,42
3:フレームサイズコード
4:ステップ角タイプコード
    HA——ハイブリッド式ステッピングモータ,2相0.9°
    HD,HS——ハイブリッド式ステッピングモータ,2相1.8°
    HC——ハイブリッド式ステッピングモータ,3相1.2°
5:本体長さコード
6:ターミナル接続方式コード
    L——出線式
    P——プラグ式
7:巻線タイプコード
    4——複極性
    6——単極性(複極性にすることが可能)
    8——8線単/複極性
8:巻線電流
    ###——定格電流×100,例:050=0.5amps,500=5amps
    X##——11~19amps,例:X10=11amps,X40=14amps
9:オプション
    -E——標準ヤードポンド法リアアクスル
    -M——標準メートル法リアアクスル

関連ダウンロード